リウマチの治療にかかせない薬

ひと昔前は、不治の病として恐れられ、原因も不明で発症してしまうリウマチですが、現在は医療の発達から、完全な完治とは言えないまでも、日常生活に支障をきたさない程度にまで改善する事も可能となり、昔程の恐れもなくなりつつあります。

主な治療方法は、薬の服用が一般的となり、抗リウマチ剤を初期の段階から使用して、関節の破壊を防ぐ治療が勧められています。

そして、病気の進行具合により、弱い薬への切り替えを行うなど、じっくりと一人一人に適切な薬の服用により治療をしていきます。

リウマチの薬は大きく3種類に分類され、炎症を抑え、痛みや腫れを軽くする抗炎症剤や病気の進行を遅らせる効果のある抗リウマチ剤、さらに新たな薬として生物学的製剤という大きく分けられます。

しかし、いづれも副作用の恐れがある強い薬となっています。

その為、じっくりと医師と相談しながら、薬による治療を行う必要があります。

今後も医療の進歩により、新たな薬も開発されるでしょう。

現在は、完治とは言えない状態でも、今後の医療の発達により、原因が明らかになり、完治する事のできる病気になる可能性もあります。

大きく進化する日が待ち遠しく感じます。

リウマチに対する薬は、現在は3種類程度ありますがいづれも副作用が起こる薬となっています。

しかし、薬の服用による治療により、効果も発揮することから、現在は早い段階から薬の服用を勧められ、進行具合により薬の種類を変えていきます。

では、どのような薬があるのでしょうか。

抗リウマチ剤という薬は、免疫の異常に直接的に働きかけ、炎症や関節の破壊を抑える効果があります。

こちらは免疫調節剤と免疫抑制剤という2種類に分けられます。

効果もそれぞれとなり、免疫調節剤には異常な免疫のみを抑える薬となり、免疫抑制剤はすべての免疫を抑える役割を持っています。

しかし、その分強い薬となっている為、副作用も強くなってしまいます。

抗炎症剤というステロイドの薬は、痛みや腫れに効果のある薬となっていまが、リウマチそのものを破壊するという効果はありません。

また、長期間の服用により、骨粗しょう症や糖尿病の副作用の恐れがあるとも言われていますので、医師との相談の元に服用していきます。

そして、新たに開発された生物によって作られるタンパク質などを利用した生物学的製剤という注射による治療があります。

こちらは、炎症の制御や関節の破壊を止めるなど効果を発揮しますが、その分の副作用も大きくなっています。

詳しくは、こちらのホームページにも記載されています。

リマウチ治療の内容がわかるオススメのサイト!

どの薬も、副作用の問題もあることから医師との相談、検査はかかせないものとなっています。